【テンプレ付】Audibleが返品不可でも簡単にメールで返品する方法

返品ができる唯一のオーディオブック「Audible」。

実はAudibleで返品不可となることがあります。

なぜならPCサイトやスマホサイト、アプリ(iOS除く)から返品できる回数に制限があるためです。

わたしも返品できる回数以上返品したため、いま「返品不可」となっています。

そこでこの記事では、つぎの3つを解説します。

この記事の内容

  • Audibleで返品不可となる理由
  • 返品不可でも簡単にメールで返品する方法
  • メールで返品する際のデメリット

この記事を読むとPCサイトやスマホサイト、アプリ(iOS除く)から返品できなくなっても、メールで返品できる方法がわかります

結論、カスタマーサービスにメールで返品を依頼するだけです。

メールで依頼する際のテンプレートも公開しますので、返品する際に参考にしてみてください。

それでは早速解説していきます♪

無料体験あり!いつでも返品・解約できる!

目次

Audibleで返品不可となる理由【結論:回数制限あり】

Audible 返品不可 理由

結論からいうと、Audibleで返品不可となる理由は制限回数以上の返品をしてしまったためです。

AudibleではPCサイト、スマホサイト、アプリ(iOS除く)からの返品は、回数制限があります。

ただ制限回数が何回なのかは、公式に発表されていません。

他のサイトを見てみると、返品を8回前後すると返品不可となっていることが多いです。

実際わたしも返品を8回したところ、返品不可となりました。

Audibleが返品不可でも簡単にメールで返品する方法

Audible 返品不可 返品 簡単

PCサイト、スマホサイト、アプリ(iOS除く)で返品できなくなっても、返品する方法があります。

それはカスタマーサービスに返品依頼のメールをすることです。

メールで返品する具体的な手順(スマホ編)

カスタマーサービスに返品依頼する具体的な手順はつぎのとおりです。

STEP
Audibleの問合せページにアクセス

Audibleの問合せページにアクセスします。下のボタンから飛べます。

STEP
メニューを開く

画面左上のメニューをクリックします。

Audibleスマホトップページメニュー
STEP
問合せ内容を選択する

メニューの中の「お問い合わせ」をクリックします。

つぎに「タイトルの購入・返品」をクリックします。

「タイトルの返品について」をクリックします。

STEP
メールの件名と本文を入力して送信する

すると「Emailでお問い合わせをする」画面が開きます。

件名と本文を記入して、「Emailを送信する」をクリックします。

メールの件名、本文はこの記事内のテンプレートを参考にしてください♪
》【実証済み】メールで依頼する際の件名、本文のテンプレート

「送信ありがとうございます。」とのメッセージが表示されれば、返品依頼は完了です。

メールで返品する具体的な手順(PC編)

【実証済み】メールで依頼する際の件名、本文のテンプレート

わたしが実際に返品するときに使っているテンプレートをご紹介します。

必ず記載しなければならない内容は、「返品するタイトル」と「返品理由」です。

件名:

返品の依頼

本文:

お世話になります。以下タイトルの返品をお願いいたします。

【返品するタイトル】
・タイトル名

【返品理由】
(例)
・ナレーターの声が合わなかったため
・内容がむずかしすぎて合わなかったため
・思っていた内容と違ったため
・間違えて購入してしまったため

以上、お手数ですがよろしくおねがいいたします。

カスタマーサービスに電話でも依頼できる【オススメはしない】

メール以外でもカスタマーセンターに電話することで返品することもできます。

ただおすすめは、圧倒的にメールです。

電話だと時間もとられますし、「会話する」って結構ハードル高くないですか?

メールであれば、ご紹介した定型文でサクッと返品できるのでおすすめです♪

メールで返品する際のデメリット【タイムラグあり】

Audilble 返品 メール デメリット

メールで返品するとデメリットもあります。

それはメールで返品依頼をしてから、実際に返品されるまでにタイムラグがあることです。

メールでの返品はカスタマーセンターで人が対応するので、どうしても時間がかかります。

なので「返品してすぐに他のオーディオブックと交換して聴きたい」ときには不便です。

PCサイトやスマホサイト、アプリ(iOS以外)から返品すると、即時返品となります。

メールでの返品依頼から実際に返品されるまでにどのくらい時間がかかるの?

およそ10分かかります。

そもそもAudibleを返品できる条件とは?

Audible 返品 条件

Audibleで返品ができる条件はつぎの2つです。

  1. Audible会員である
  2. 購入後、365日以内である

詳細については、「【簡単】Audibleの返品方法|返品できる条件や注意点も解説」で解説しています。あわせてご覧ください♪

まとめ:返品が神サービスなのは変わらない

Audible 返品 神サービス

この記事ではPCサイトやスマホサイト、アプリから返品できなくなった場合でも返品できる方法を解説しました。

PCサイトやスマホサイト、アプリから返品できなくなっても、簡単にメールで返品できるので安心してください。

ただメールでの返品は、PCサイトなどから返品するよりも返品に時間がかかります。
メールでの返品依頼から実際に返品されるまでの時間は、およそ10分です。

返品不可となってメールでの返品しかできないとなると、若干手間なので面倒に感じるかもしれません。

ただオーディオブックを返品できるのはAudibleだけです。

しかも「すでに聴き始めている」「すでに聴き終わっている」ときも返品できます。

これだけでも神対応といえるのではないでしょうか。

もしまだAudibleを体験したことがないなら、無料体験をやっていますのでぜひ「聴く読書」を体験してみてください♪

》【30日間無料体験あり】聴く読書「Audible」で新たな読書体験をしよう

無料体験あり!いつでも返品・解約できる!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる