読書が苦手なわたしがAudibleを使った感想【後悔してます】

  • 読書は苦手・・・だけど本からの知識は得たい
  • Audibleなら読書が苦手なわたしでも本の知識を得られるかも・・・
  • Audibleを実際に使ってる人の感想を聞いてみたい

このような疑問に答えます。

わたしは正直、読書は苦手です。苦手な理由はつぎ3つです。

読書が苦手な理由

  • 読書をしはじめるのに気合が必要
  • 読書をしていると1ページ読んだだけで眠くなる
  • 数ページまとめて読むとめちゃくちゃ疲れる

ただ「本からの知識は得たい」と思っていました。

そんな中で出会ったのが、「本を聴く」ことができる「Audible(オーディブル)」でした。

そこでこの記事では、読書が苦手なわたしがAudibleを使ってみた率直な感想を解説します。

結論からいうと、めちゃくちゃ後悔しています。

なぜなら「もっとはやくAudibleを使っておけばよかった」と思ったからです。

Audibleをはじめてから、月1冊以上は本を読むことができています。

読書が苦手でまったく読書をする習慣がなかったわたしでも、読書する習慣を手に入れることができました

「読書は苦手だけど本を読む習慣をつけたい」と思っているなら、ぜひ最後まで読んでいってください。

》【30日間無料体験あり】聴く読書「Audible」で新たな読書体験をしよう

無料体験あり!いつでも解約できる!

目次

読書を「はじめる」ことが簡単になった

Audible 簡単

Audibleを使ってから、「本を読みはじめる」ハードルがめちゃくちゃ下がりました

「本を読みはじめる」ってすごくハードルが高かったんです。

「本を読み始める」ハードルが高かった理由

  • 本を読む時間を確保しなければいけない
  • 「よしっ読むぞ!」と気合をいれないとなかなか読み始められない

ただAudibleだと時間を確保することも、気合をいれる必要もありません。

なぜなら家事をしていても運転していても聴くことができるし、再生ボタンを押すだけで読み進めてくれるからです。

Audibleのおかけで「本を読みはじめる」ことが簡単になり、効率的にインプットができるようになりました。

読書が苦手なわたしでも月1冊を習慣にできた!

Audible 読書 習慣化
  • 本を読むと1ページだけで眠くなる
  • 数ページまとめて読むとすごく疲れる
  • 読書をつづけられない(習慣化できない)

こういった悩みをもっているもっているひとも多いと思います。

しかし「読む読書」から「聴く読書」に変えただけで、眠くなったり疲れたりすることはなくなりました

音楽やYouTubeなどを聴いていて眠くなってたり疲れたりしませんよね。

それとおなじです。

わたしの場合、通勤時にAudibleを聴くことにしました。

Audibleは1冊だいたい6時間ぐらいです。

なので通勤時に聴いているだけで、月1冊は確実に聴くことができます。

6時間のオーディオブックの場合、片道20分の通勤だと2週間で1冊読むことができます。

通勤中にAudibleを聴くだけで、「月1冊以上読書をする習慣」を手に入れることができました

Audibleは「ながら読書」ができるので、通勤時以外でも

  • 筋トレしているとき
  • 洗濯ものを干しているとき
  • 食器を洗っているとき

などに、Audibleを聴くだけで読書をする習慣を手に入れることができますよ♪

図や表・グラフが多い本は不向き

Audible 不向きな本

Audibleなどのオーディオブックには向いていない本があります。

それは「図や表・グラフが多い本」です。

なぜなら聴いているときに画面をみることができないからです。

もちろん画面をみながら聴いているなら、図解や表もみることはできます。

ただAudibleを聴くときは、「ながら聴き」をしていることが多いので、画面をみれないことのほうが多いです。

たとえばビル・ゲイツやオバマ元大統領が絶賛する書籍「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」。

データをもとに世界を正しくみる方法について、多くの実例が図や表・グラフをつかって解説されています。

ただAudibleだと、図や表・グラフをみながら聴けないので頭にものこりずらかったです。

図や表・グラフを多く使って説明している本は、Audibleではあまりオススメできません。

対話形式の本はAudibleと相性バツグン

Audible 相性バツグンな本

Audibleとの相性が抜群な本は、対話形式の本です。

対話形式の本は人物ごとにナレーターがわかれていて、対話形式で話しが進みます。

スッと頭にはいってきて、時間をわすれて聴きいってしまいます

たとえばシリーズ累計400万部を超えるベストセラー「夢をかなえるゾウ」。

「夢をかなえるゾウ」は主人公とガネーシャ(ゾウの姿をしたインドの神様)とのやりとりで話しがすすみます。

やりとりも漫才みたいで面白く、ついニヤニヤしながら聴いてしまいました。
電車や外出先で聴いているときは注意してください。

対話形式でおすすめのオーディオブック2冊

その他の対話形式でおすすめの本は、つぎの2冊です。

おすすめのオーディオブック

どちらもベストセラーとなっている書籍なので、内容的にも非常に勉強になる1冊です。

返品できるので安心して購入できる

Audible 返品 安心

Audibleは返品ができます。

返品ができるオーディオブックサービスは、Audibleだけです。

すでに聴き始めたオーディオブックでも、ぜんぶ聴いたオーディオブックでも返品できちゃいます。

返品できるのは、めちゃくちゃありがたいです。

本を買ってみたけどイメージと違った

なんてことありませんか?

せっかくお金を払ったんだから、最後まで楽しく読みたいですよね。

Audibleなら、もし買ったオーディオブックがイメージと違っても安心です。

そんなときは思い切って返品して、ほかのオーディオブックと交換しましょう

Audibleで返品する方法は「【簡単】Audibleの返品方法|返品できる条件や注意点も解説」で解説しています。あわせてご覧ください♪

ただ何度も返品をすると、簡単に返品できなくなるので注意してください。

返品不可となった場合の対処法は「【テンプレ付】Audibleが返品不可でも簡単にメールで返品する方法」で解説しています。あわせてご覧ください♪

月額料金が高い? いいえ、無料で毎月2冊聴けます

Audible 月額料金 無料2冊

Audibleは月額1500円です。

月額1500円で、無料で好きなオーディオブックを購入できます。さらに毎月1冊、無料で聴けるボーナスタイトルがもらえちゃいます♪

月額1500円で聴けるオーディオブック

  • 自由に選べるオーディオブック1冊
  • ボーナスタイトル1冊

オーディオブックは1冊2000〜4000円するので、毎月8000円相当(4000円のオーディオブックを2冊とした場合)を1500円で楽しむことができますね♪

ただ単品で買おうとすると、単行本よりも1.3倍ぐらい割高です。。

たとえば「嫌われる勇気」は、単行本よりも450円高いです。(単行本:1650円、Audible:2100円)

やはり音声にしている分、コストはかかりますよね。

ただ「ながら読書」できるメリットを考えると「ゆるせる値段かな」とおもいます。

単品で買わなくても毎月1500円だけ払って、無料で毎月2冊(8000円相当)を聴くだけでも十分お得ですよ♪

》【30日間無料体験あり】聴く読書「Audible」で新たな読書体験をしよう

結論:読書が苦手なあなたにこそ「Audible」

Audible 読書 苦手 おすすめ

この記事では、「読書が苦手なわたしがAudibleを使ってみた感想」を解説しました。

結論、読書が苦手なひとほど「Audible」はオススメです。

つぎにひとつでも当てはまるなら、ぜひAudibleを使ってみてください。

  • 本を読むと1ページだけで眠くなる
  • 数ページまとめて読むとすごく疲れる
  • 読書をつづけられない(習慣化できない)

Audibleは無料体験(30日間)ができます。

無料体験中でも無料で好きなオーディオブックを1冊購入することができて、ボーナスタイトルももらえちゃいます!

そして無料体験中でも返品は可能です。

はじめてオーディオブックを購入して、「内容がイメージと違った」と思っても返品して別のオーディオブックと交換できるので安心ですね♪

返品方法については「【簡単】Audibleの返品方法|返品できる条件や注意点も解説」で解説しています。あわせてご覧ください♪

もしAudibleがあなたに合わなかったら、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

解約しても2冊のオーディオブック(コインで購入したオーディオブックとボーナスタイトル)はもうあなたのものです。

解約してもいつでも聴くことができますよ♪

解約方法については「【簡単】Audible解約手順|知らなきゃ損「やるべきこと」も解説」で解説しています。あわせてご覧ください♪

まずは無料で「聴く読書」をぜひ体験してみてください!

》【30日間無料体験あり】聴く読書「Audible」で新たな読書体験をしよう

無料体験あり!いつでも解約できる!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる