【1歳のこどもの絵本選び】おすすめポイント3つとおすすめ絵本3選

子育て

「1歳のこどもにちょうどいい絵本はないかしら」

「1歳のこどもに絵本を買いたいけど、せっかくお金だすんだから失敗したくない。」

 

そんな悩みをおもちではないでしょうか。

 

本記事の内容


1.1歳のこどもの絵本を選ぶおすすめポイント3つ

2.買ってよかった! 1歳のこどもにおすすめ絵本3選

3.【番外編】こどもちゃれんじベビー(ベネッセ)おすすめ絵本2選

 

わたしは、2児のパパです。

 

「なんだ、ママの記事じゃないのか・・・」

 

と思ったかたもいると思いますが、

長女が入院することが多く、妻が付き添いで不在になることが多いため、ワンオペで1歳のムスメを見ることが多いパパです。

 

毎日次女に本を読んでいる、わたしがご紹介します。

すこしでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

1歳のこどもの絵本を選ぶおすすめポイント3つ

わたしは、3つのポイントで選んでいます。

本を選ぶポイント3つ


1.ページ数・文字数が少ない

2.ページに厚みがある

3.こどもといっしょに遊べる

 

それぞれ理由をご紹介します。

 

ページ数・文字数が少ない

1歳のこどもはまだまだ集中力がありません。

ですので、飽きるまえにサクっとよめる本がいいです。

 

あまりページ数や文字数が多いと、読んでいる途中で、すぐにおもちゃや別の本が気になりだしてしまいます。

なので、ページ数・文字数が少ないものをおすすめします。

 

ページに厚みがある

1歳になってくると、ページをじぶんでめくりたがります。

そのときに、ページに厚みがないと、2・3ページをいっきにめくってしまい、

めくってはもどし、めくってはもどし、、、のくりかえしです。

 

そうしている間に、こどもの集中力がきれてしまいます。

ページが厚いと、1ページずつめくりやすいので、おすすめです。

 

こどもと一緒に遊べる

スキンシップをとって、いっしょに楽しみ、いっしょに笑う

親として、しあわせな時間です。

 

こどもといっしょにあそぶことで、きづなが深まること間違いなしです。

 

買ってよかった! 1歳のこどもにおすすめ絵本3選

おすすめ絵本3選


1.だるまさんが

2.くっついた

3.ほっぺにちゅー

 

それぞれご紹介します。

 

だるまさんが

人気の「だるまさん」シリーズです。

おすすめする「だるまさんが」のほかに、「だるまさんの」「だるまさんと」があります。

左右にうごくだるまさんが、ページを開くと・・・。

 

こどもがまねして、ママ・パパも笑顔になる絵本です。

「だるまさんの」「だるまさんと」もおすすめです。

くっついた

いろいろなどうぶつが「くっついた」をします。

口でくっついたり、手をつないだり・・・。

 

ページをめくるたびに、こどもといっしょにまねをして遊べます。

ママ・パパもほっこりする絵本です。

ほっぺにちゅー

主人公「まんまるちゃん」が、ママ・パパといろいろな方法でふれあいます。

ほっぺにちゅーしたり、ほおずりしたり、くすぐったり、、、。

 

こちらもページをめくるたびに、こどもといっしょにまねをして遊べます。

前述の「くっついた」よりもアクティブなふれあいが多いですね。

ママ・パパもいっしょに遊んで、笑いあえる絵本です。

【番外編】こどもちゃれんじベビー(ベネッセ)おすすめ絵本2選

番外編として、ベネッセの「こどもちゃれんじベビー」でもらった絵本のなかで、とくにこどもがすきな本を2つご紹介します。

いないいなーい

いろいろな動物が「いないいないばー」をする絵本です。

ページをめくるたびに、「いないいないばー」をいっしょにたのしめます。

ママ・パパもいっしょに笑いあえる絵本です。

いっしょいっしょ

いろいろな動物の親子がいっしょにあそびをします。

ぎゅっしたり、ほっぺをぴたっとたり、、、。

ママ・パパもほっこりする絵本です。

 

こどもちゃれんじベビー商品のため、Amazonや楽天、書店では販売しておりません。メルカリやヤフオクなどで中古品が出品されています。

まとめ

気になった本があれば、ぜひご購入を検討してみてください。

この記事が、お子さんとたのしい時間を過ごすきっかけになれば幸いです。

ではっ!

子育て
くりけんをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーからのライフハック
タイトルとURLをコピーしました