【Cocoon】設定が保存できない!解消方法を解説【1分で解決】

ブログ運営
この記事では、次のことを前提としています。
1. WordPressテーマでCocoonを使っている。
2. サーバーにConoHaWingを使っている。

 

 記事もある程度書き、いよいよGoogleアドセンスに申請

 アドセンスコードをテーマヘッダに貼りつけて保存・・・

 あれ、、、保存できない!?

Cocoon設定の変更をして「変更をまとめて保存」ボタンを押すとエラーとなって、保存できない・・・なんてことが多くあります。

わたしもブログ運営中に保存できないことがあり、困った経験があります。

 

そこでこの記事では、「Cocoon設定を変更をしたときに保存できるようにする」手順を解説します。

この記事を読めば、Cocoon設定の変更をしたときに問題なく保存できるようになります。

 

いきなり結論をつたえると、サーバーのWAF設定をOFFにすると、保存できるようになります。

手順がわかるかたは、さっそくやってみてください^^

 

サーバーのWAF設定をどうやってOFFにするのかわからないんだけど・・・

 

WAF設定をOFFにするやりかたがわからないかたは、ぜひ最後まで読んでいってください。

1分で保存できるようになりますよ^^

スポンサーリンク

「Cocoon設定が保存できない」を解消する手順

ConoHaWingのホームページを開きます。

>>ConoHaWINGのホームページはこちら

右上のログインボタンをクリックすると、ログイン画面が開きます。

 

メールアドレス、パスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

管理画面が開きます。

左のメニューから「サイト管理」をクリックし、「サイト管理」画面を開きます。

 

サイトセキュリティ > WAF > 利用設定 をOFFにします。

 

画面左下に「成功しました。WAF設定変更」が表示されれば完了です。

 

Cocoon設定の画面に戻り、「変更をまとめて保存」で保存してください。

 

いかがでしたか?

簡単にできたのではないでしょうか^^

最後に、Cocoon設定を保存したら、WAFの設定はONに戻しましょう。

まとめ

この記事では、「Cocoon設定を変更をしたときに保存できるようにする」手順を解説しました。

保存できるようにする方法は、サーバーのWAF設定をOFFにすることです。

 

この記事が参考になれば、フォローかブックマークしてくれるとうれしいです^^

ブログ運営
くりけんをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーからのライフハック
タイトルとURLをコピーしました