【WordPress】たった1つの変更で表示速度改善を39⇒65に改善した方法

ブログ運営
この記事では、次の2点を前提としています。
1. Google reCAPTCHA をプラグインで導入している。
2. お問合せページを固定ページで設置している。
 ある程度記事を書いたから、表示速度を改善したいけど・・・

 「Page Speed Insights」の改善策をみても、やることがわからない・・・

 なにか1つでも簡単に速度改善できる方法を教えて!

GoogleのPageSpeed Insightsで表示速度を測ってみたら結果が悪い・・・

でもどうやって改善したらいいのか、わからないですよね。

くりけん
くりけん

まさに、わたしがそうですw

呪文のような文字が羅列していて、なにがなんだかわかりません。。。

わたしはこの記事で紹介するたった1つの方法を実践したことで、速度改善ができました。

結果はこのとおりです。

【改善前】

【改善後】

最初に結論をいうと、

「Google reCAPTCHA」を問い合わせページ以外で非表示にすることで速度を改善します。

「もうやったよ」というかたは、ごめんなさい。。。

まだやっていないかたは、最後まで読んでいただけるとうれしいです^^

この記事を読めば、たった5分の作業で速度改善ができますよ!

スポンサーリンク

「Google reCAPTCHA」を問い合わせページ以外で非表示にする方法

手順は次の2つです。

1. 必要なコードをコピーする。
2. コピーしたコードをfunction.phpに貼りつけ保存する。

必要なコードをコピーする

次のコードをコピーしてください。

// お問い合わせページ以外は「Google reCAPTCHA」を読み込ませない
function load_recaptcha_js() {
 if ( ! is_page( 'contact' ) ) {
  wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
 }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'load_recaptcha_js',100 );

問合せページのパーマリンクが次の場合を想定しています。

 https://〇〇〇(ドメイン名)/contact

もしパーマリンクが違う場合は、コピーしたコードの「‘contact’」の部分をご自身のパーマリンクに合わせて修正をおねがいします。

コピーしたコードをfunction.phpに貼りつけ保存する

貼りつけかたは、次のとおりです。

WordPressの管理画面を開きます。

管理メニューから 外観 > テーマエディター をクリックします。

「テーマを編集」画面が開きます。

画面右「テーマファイル」の「テーマのための関数(function.php)」をクリックします。

「テーマのための関数(function.php)」のファイル内容が表示されます。

✓必ずバックアップをとりましょう!
ファイル内容をすべてコピーし、テキストエディター(メモ帳など)に貼り付けて保存します。

コピーしたコードを貼りつけます。

コードを貼り付けたら、画面左下の「ファイルを更新」をクリックします。

画面左下に「ファイルの編集に成功しました」と表示されます。

以上で設定は完了です。

簡単だったでしょう^^

最後に次の2つを確認してください。

1. 問い合わせページに「Google reCAPTCHA」マークが表示されているか

2. 問い合わせページ以外に「Google reCAPTCHA」マークが表示されていないか

まとめ

いかがでしたでしょうか。

設定完了後、ぜひGoogleのPageSpeed Insightsで速度を計測してみてください。

>> PageSpeed Insights はこちら

すこしでも速度が速くなることを祈って。。。

この記事が参考になれば、フォローかブックマークしてくれるとうれしいです^^

ブログ運営
くりけんをフォローする
スポンサーリンク
アラフォーからのライフハック
タイトルとURLをコピーしました