【必見】知らなきゃ損!Braveでの仮想通貨BATの貯め方

  • Braveで仮想通貨BATはどうやって貯めるの?
  • 仮想通貨BATが貯まらないときの対処方法は?
  • どのくらい仮想通貨BATは貯まる?

これらの疑問が解決できます。

この記事でご紹介する「Braveでの仮想通貨BATの貯め方」を読めば、ネットサーフィンをしているだけで仮想通貨が稼げます よ!

実際7日間、1日30分ぐらいBraveブラウザを使ってみたところ 0.168BAT を稼ぐことができました。

0.168BATは、およそ16円です。(2022年4月16日時点で1BAT≒94円)

Brave1週間で稼いだ額

後半では 「仮想通貨BATが貯まらないときの対処法」についてもご紹介 しているので、ぜひ読み進めてみてくださいね!

目次

Braveとは?無料で仮想通貨BATが稼げるブラウザ

Braveは、無料 で仮想通貨BATが稼げるブラウザです。

Braveブラウザ独自の 「プライベート広告」をブラウザ上に表示することで、仮想通貨BATを稼ぐことができます

「プライベート広告」といっても、つぎのような広告が表示されるだけです。

Braveトップ画面背景広告
Braveバナー広告

よくある 「全面広告」のように、消さないとつぎに進めないような広告ではない ですよ。

もっと詳しくBraveについて知りたい方は、「 Braveブラウザの評判とは?メリット6つとデメリットを解説 」をあわせて読んでくださいね!

Braveで仮想通貨BATを貯める3ステップ

Braveで仮想通貨BATを貯める方法は、とても簡単です。

つぎの3ステップでできます。

Braveで仮想通貨BATを貯める3ステップ
  1. Braveをダウンロードする
  2. Braveで仮想通貨を稼ぐための設定をする
  3. Braveブラウザを使う

STEP1:Braveをダウンロードする

まずは、Braveブラウザをダウンロードしましょう。

つぎのボタンから 公式サイト に飛べます。

公式サイトにいったら、Braveをダウンロードしてインストールをしてくださいね。

Brave公式サイトトップページ「Braveをダウンロード」

STEP2:Braveで仮想通貨を稼ぐための設定をする

Braveで仮想通貨BATを稼ぐには、稼ぐための設定が必要です。

設定はつぎの3つをすればOKです。

仮想通貨BATを稼ぐための設定
  1. BraveRewordsを有効にする
  2. BraveとbitFlyerを連携する
  3. 広告の表示回数を設定する

具体的な設定方法は「 Braveブラウザで仮想通貨を稼ぐためにやるべきたった3つの設定 」で解説していますので、ぜひご覧くださいね。

STEP3:あとはブラウザを使っているだけでOK!

あとは 普段Web検索をするときに、Braveブラウザを使うだけでOK です。

使っていると「プライベート広告」が自動で表示されるので、勝手にBATが貯まりますよ。

ポイントサイトのようにわざわざサイトにいって、ポチポチ」クリックする必要もありません。

いま使っている「GoogleChrome」や「Safari」を「Brave」に変えるだけでOKですよ。

BATの振り込みは翌月5日

ちなみにBATがbitFlyerの口座に振り込まれるのは、翌月5日です。

翌月5日以降であれば、稼いだBATを売却して現金化することもできます よ。

せっかく稼いだなら、現金化したいですよね。

仮想通貨BATを現金化するにはbitFlyerとの連携が必要 なので、口座開設して連携しておきましょう。

BraveとbitFlyerとの連携方法は、「 BraveとbitFlyerを連携する方法 」をご覧ください♪

仮想通貨BATを現金化できる!

Braveで仮想通貨BATが貯まらないときの対処法

Braveブラウザを使っていても「プライベート広告」が表示されないことがあります。

「プライベート広告」が表示されないと、仮想通貨BATが貯まりません。

チャンスを逃さないよう、「プライベート広告」が表示されない場合はつぎにご紹介する方法を試してみてください ね。

仮想通貨BATが貯まらないときの対処法
  1. ブラウザの表示サイズを確認する
  2. システム環境設定で通知設定を確認する

ブラウザの表示サイズを確認する

ブラウザがフルスクリーンモードで表示されていないか確認しましょう。

ブラウザがフルスクリーンモードになっていると、広告が表示されない場合があります

理由はわかりませんが、公式サイト で表示されないことあると記載されています。

システム環境設定で通知設定を確認する

「システム環境設定」で、Braveブラウザの通知設定で「通知を許可」がONになっていることを確認 しましょう。

「通知を許可」がONになっていないと、「プライベート広告」(バナー広告)が表示されなくなってしまいます。

もし「通知を許可」がOFFになっていないなら、「通知を許可」をONにしましょう。

通知設定を確認する方法

通知設定を確認する方法は、つぎのとおりです。

まずメニューから「システム環境設定」画面を開きます。

システム環境設定を選択

つぎに「システム環境設定」画面で「通知と集中モード」をクリックします。

「通知と集中モード」を選択

「Brave Browser」で「通知を許可」がONになっていることを確認します。

「BraveBrowser」の「通知を許可」がONを確認

テスト表示で通知設定を確認しよう!

実はBraveは、公式サイトで広告通知のテストができます。

テストのやり方はつぎのとおりです。

まずは Braveのヘルプセンター へアクセスしてください。つぎのボタンから飛べます。

表示された画面で「Send test nofitication」をクリックします。

Braveヘルプセンター「Send test notification」をクリック

ブラウザの画面右上に広告が表示されれば、OKです。

Braveヘルプセンターテスト広告表示

もし広告が表示されなければ、「システム環境設定」をもう一度見直してみましょう!

Braveを使ってお小遣いを稼ごう!

ご紹介した「Braveでの仮想通貨BATの貯め方」を実践すれば、ネットサーフィンをしているだけで仮想通貨BATが稼げます

もしプライベート広告が表示されない場合は、ご紹介した「Braveで仮想通貨が貯まらないときの対処法」を試してみてくださいね。

最後にご紹介した内容をおさらいしましょう!

仮想通貨BATを稼ぐための設定
  1. BraveRewordsを有効にする
  2. BraveとbitFlyerを連携する
  3. 広告の表示回数を設定する

具体的な設定方法は「 Braveブラウザで仮想通貨を稼ぐためにやるべきたった3つの設定 」で解説していますので、ぜひご覧くださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる