【NFT初心者必見】ポリゴンでのNFTの買い方を1から徹底解説

  • いま話題のNFTを買ってみたい
  • Polygon(ポリゴン)のほうが安く買えるって聞いたけど・・・
  • Polygon(ポリゴン)でのNFTの買い方を知りたい!

こんなNFT初心者の悩みを解決できる記事になっています!

この記事の内容

  1. ポリゴンのNFTを買うための準備3つ
  2. ポリゴンのNFTを買う具体的な手順4

この記事を読んで1つずつ実践すれば、だれでも簡単にポリゴンのNFTを買うことができます。

なぜなら知識ゼロの完全初心者だったわたしでも、NFTを買うことができたからです。

購入したNFTはこちらです。

NFTは、デジタル世界のファッションアイテムです。

この記事を参考にNFTを実際に買って、NFTの世界を楽しんでください♪

それでは「NFTを買うために必要な準備」と「NFTの買い方4ステップ」を具体的に解説していきます。

目次

ポリゴンのNFTを買うための準備3つ

ポリゴンのNFTを買うための準備として、つぎの3つが必要です。

ポリゴンのNFTを買うための準備

  1. MetaMask(メタマスク)のインストール
  2. MetaMask(メタマスク)にポリゴンを追加
  3. MetaMask(メタマスク)にイーサ(ETH)を送金

それぞれ具体的に解説します。

MetaMask(メタマスク)のインストール

まずMetaMask(メタマスク)をPCにインストールします。

メタマスクとは、仮想通貨などの暗号資産を管理するためのウォレット(財布)です。

NFTを買うときに、このウォレットから仮想通貨を支払います。

メタマスクのインストール方法

メタマスクのインストールは簡単です。

具体的なインストール方法は「【簡単】メタマスクのインストール方法|設定手順も1から解説【Chrome】」で詳しく解説しています。ぜひご覧ください♪

MetaMask(メタマスク)にポリゴンを追加

つぎにインストールしたメタマスクに「ポリゴン」を追加します。

ポリゴンのNFTを買うためには、あなたのウォレットで「ポリゴン」を使えるようにしておく必要があります。

なぜならNFTを買うときに、ウォレットのポリゴンにある仮想通貨から支払いをするためです。

メタマスクをインストールした直後は、「イーサリアム」のみ使える状態です。

メタマスクにポリゴンを追加する方法

具体的な追加方法は「【簡単】たった2ステップでメタマスクにポリゴンを追加する方法」で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

MetaMask(メタマスク)にイーサ(ETH)を送金

メタマスクの準備が整ったら、メタマスクにイーサ(ETH)を送金します。

送金方法は、取引所ごとに異なります。

取引所大手3社の送金方法へのリンクを以下にのせておきます。

あなたが取引している取引所の送金方法をチェックしてみてください。

ビットフライヤー送金方法を確認する
コインチェック送金方法を確認する
GMOコイン送金方法を確認する

イーサ(ETH)を買うなら「ビットフライヤー」がおすすめ

「これから仮想通貨イーサ(ETH)を買いたい」というひともいるかもしれませんね。

イーサ(ETH)を買うなら、「ビットフライヤー」がおすすめです。

オススメの理由は、つぎの3つです。

ビットフライヤーをオススメする理由3つ

  • 最短で申込み翌日から取引できる
  • 1円から積立 ができて、毎日/毎週/毎月とタイミングも選べる
  • 板取引で指値注文ができる

1円という超少額から積立できるのは、ビットフライヤーだけです。

ビットフライヤーで積立して感じたメリット・デメリットを「3ヶ月運用して感じたビットフライヤー積立のメリット・デメリット」で紹介しています。ぜひご覧ください♪

ビットフライヤーは無料で口座開設できるので、いつでもイーサ(ETH)を買えるように準備しておきましょう♪

1円から積立できる! 指値で買える!

ポリゴンのNFTを買う具体的な手順4つ

NFTを買う準備はできましたか?

それではNFTを買う具体的な手順を解説します。

手順は、つぎの4つです。

ポリゴンのNFTを買う具体的な手順

  1. OpenSeaにウォレットを接続する
  2. あなたのお気に入りのNFTを探す
  3. NFTを買う
  4. NFTを確認する

それぞれ具体的に解説します。

OpenSeaにウォレットを接続する

まずは OpenSea にアクセスします。つぎのボタンから飛べます。

OpenSeaは英語表示がおすすめです。
日本語表示にすると、画面が真っ白になりNFTが表示されないことがあるからです。

OpenSeaのサイトが開いたら、右上の「ウォレットマーク」をクリックします。

OpenSeaウォレット接続

ウォレットの選択画面が表示されるので、「MetaMask」を選択します。

OpenSea MetaMask接続

するとメタマスクの画面が表示されます。

接続するために、パスワードを入力し「ロック解除」をクリックします。

MetaMaskパスワード入力

接続するメタマスクのアカウントを確認して、「次へ」をクリックします。

OpenSeaMetaMask接続アカウント確認

「接続」をクリックします。

OpenSeaMetaMask接続

つぎの画面が表示されれば、接続完了です。

OpenSeaMetaMask接続完了

あなたのプロフィールを設定する

OpenSeaにウォレットを接続したら、プロフィールを設定することができます。

画面右上のアイコンマークを選択して、「Settings」をクリックします。

OpenSea設定画面を開く

すると「Profile Settings」画面が開きます。

入力必須項目の「Username」、「Email Address」を入力します。

アイコンを設定したい場合は、「Profile Image」をクリックすることで変更できます。

OpenSeaプロフィール設定画面

プロフィール情報を入力したら、「Save」をクリックして完了です。

OpenSeaプロフィール保存

あなたのお気に入りのNFTを探す

接続できたら、お気に入りのNFTを探していきましょう。

すでに買いたいNFTが決まっているなら、ここの説明は飛ばしてください。
》NFTを買う手順にいく

おすすめの方法は、「ランキング」から探す方法です。

ラインキングはつぎの手順で確認できます。

OpenSeaのランキングを確認する方法

OpenSeaの右上の「Stats」にカーソルをあわせて、「Rankings」をクリックします。

OpenSeaランキング表示

すると「Top NFTs」画面が開き、OpenSeaのランキングが表示されます。

OpenSeaTopNFTs

「Top NFTs」ページでは、期間やカテゴリー、使っているブロックチェーンなどで表示を絞ることができます。

OpenseaTopNFTs期間変更
OpenseaTopNFTsカテゴリー変更
OpenseaTopNFTs使用ブロックチェーン変更

ポリゴンのNFTを探したいなら、使用しているブロックチェーンで「Polygon」を選択しましょう。

日本国内のクリエイター作品のランキングを確認する

日本のクリエイター作品を買いたいなら「NFTランキング」サイトがおすすめです。

日本国内のクリエイターの「取引量」や「取引数」、「平均価格」のランキングが確認できますよ♪
》日本国内のNFTランキングを確認する

国内NFTランキング
NFTランキングサイト
 

Twitterで活発な情報発信をしているクリエイターが多いので、Twitterもぜひチェックしてみてください♪

NFTを買う

買いたいNFTが決まったら、いよいよNFTを購入します。

まず買いたいNFTをクリックします。

OpneSea買いたいNFTを選択

NFTの詳細画面が開いたら、「Buy now」をクリックします。

Opensea BuyNowクリック

下記のような注意事項が表示される場合があります。

これは出品者が、OpenSeaの公式クリエーターではないときに表示されます。

Twitterのリンクなどを確認して、どんなクリエイターが出品しているか確認しましょう!

確認できたら、チェックをつけます。

OpneSeaクリエイター確認

つぎにOpenSeaの利用規約を確認して、合意のチェックをします。

「Terms of Service」をクリックすると利用規約が表示されます。

Opensea利用規約確認

チェックをしたら、「Confirmed checkout」をクリックします。

OpenSeaチェックアウト確認

するとメタマスクの画面が開くので、「署名」をクリックします。

MetaMask署名

OpenSeaの画面の戻ると、ポリゴンへの送金額が表示されています。

入力されている金額を確認して、「Convert」をクリックします。

表示されている額は、購入に必要な額が表示されています。

Openseaポリゴン送金額確認
イーサリアムからポリゴンへの送金方法

実はイーサリアムからポリゴンへの送金は、事前にもできます。

具体的な送金手順は、「【徹底解説】イーサリアムからポリゴンにブリッジ(変換)する方法」で解説していますので、あわせてご覧ください。

事前にまとめてイーサ(ETH)を送金すると、ガス代(手数料)を節約できます。

再度、メタマスクの画面が開きます。

ガス代(手数料)を含めた総額が表示されるので、金額を確認して「確認」をクリックします。

ガス代は数秒ごとに価格が変動します。

MetaMask送金額確認

OpenSeaの画面に戻ると、ポリゴンへの送金処理が開始されています。

Opensea送金処理

つぎの画面(メッセージ)が表示されれば、ポリゴンへの送金は完了です。

OpenSea送金処理完了

「Sign」をクリックします。

OpenSeaサイン

メタマスクの画面で再度、「署名」をクリックします。

MetaMask署名
もしエラーになったら・・・

ここで、つぎのようなエラーとなることがあります。

エラーとなったら、「NFTを買う」の最初にもどってやりなおしてください。

OpenSeaはけっこうエラーとなることが多いです。。。

OpenSeaエラー画面

つぎの画面が表示されれば、NFTの購入完了です!

OpenSea購入完了

買ったNFTを確認する

NFTを買ったら、本当にあなたのものになったのか確認したいですよね。

買ったNFTがあなたのものになったかは、あなたのプロフィール画面で確認できます。

NFTを確認する方法

まずOpenSeaのサイトの右上のアイコンマークをクリックします。

OpenSeaプロフィール画面を開く

するとプロフィール画面が開きます。

「Collected」タブの中に買ったNFTが表示されているので、確認ができます。

Openseaプロフィール画面でNFTを表示

NFTをプロフィール写真に設定する方法

「買ったNFTをすぐにプロフィール写真に設定したい!」と思いますよね。

実は買ったNFTを確認した画面から、たった3クリックで簡単にプロフィールを設定することができます。

具体的な設定方法はつぎのとおりです。

具体的な設定手順

プロフィール画面から、プロフィール写真に設定したいNFTの左下の「…」マークをクリックします。

OpenSea NFTのメニュークリック

メニューが開くので、「Make profile picture」をクリックします。

OpenSea MakeProfilePictureをクリック

するとメタマスクの「著名の要求」がでるので、「署名」をクリックします。

MetaMask署名

これでプロフィール画像に選択したNFTが設定されます。

OpenSea プロフィール写真設定完了

以上で完了です。

まとめ:NFTの世界を楽しもう♪

この記事ではつぎの2つを解説しました。

この記事の内容

  1. ポリゴンのNFTを買うための準備3つ
  2. ポリゴンのNFTを買う具体的な手順4

この記事を読んだあなたは、NFTを買えるようになったはずです。

正直、普段のAmazonや楽天のネットショッピングに比べると、購入までのハードルは高いです。

ただNFTを一度購入してみると、その魅力がわかります。

NFTの魅力は、NFTを買ったことがあるひとにしかわかりません。

ぜひNFTを実際に購入して、NFTの世界を体験してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる